投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

ラックマウント欲

イメージ
ラックマウントとは 世の中には19インチラックというものがある。

主にサーバや音楽機材を収納するために使われるもので、このラックに機材を収納することをラックマウントと呼ぶ。

EIA規格というのが世界中で広く使われている規格で、ラックマウント対応といえば、ほぼ間違いなくこの規格にのっとった横幅19インチ(482.6mm)となる。
ちなみに、奥行きは規格で規定されていないため、サーバだと奥行き70cm位あったり、ネットワーク機器だと20cm未満くらいだったり、物によって異なる。

サーバラックっていうのは、下記画像のようなもの。

サーバなどの長くて重いものは、前後のラックレールにレールを渡してやって、後ろ止めを行う。
軽いものだと、前側のレールに固定するだけでOK。

ただし、ラックマウントできるのは、ラックマウント用の耳がついているものか、ラックマウントキットがオプションで売られているもののみとなる。

ラックマウントで満たされる ラックマウントできない機材(NASとか、ルーターとか)をどうするか?
大体、ラック用の棚板が売られていて、その棚板の上におくことになるのだが、せっかく19インチラックなのに棚板かよ!普通のラックでいいじゃねーか!という気もする。

そんな時、ラックマウント欲を満たしてくれ、かつリーズナブルな選択肢がある。

大体、サーバ用として売られている19インチラック用のシェルフはお値段が張るのだが、サウンドハウスで販売しているMiddle Atlanticの1Uシェルフだと、それなりのお値段で購入可能。作りもしっかりしていて、耐荷重も16kgほどあるので、HDDが2本入る家庭用NASなんかを何台か置くのには十分。

諸君、私はラックマウントが(ry で、何でこんなことを書いているかというと、うちにラックがあるからだ!

会社でサーバラックを組み立てたり、サーバをラックマウントしたりしている内に、「ラックかっけー!!」とか思い始め、ラックマウント欲が芽生え、ついにはおうちに購入してしまった訳だ。

その後、パネルレス24Uのラックを買い、自作PC2台をラックマウントキットが売っているSilverStone製のケースに入れ替え、棚板にPS3を置き、スイッチをNetgearの24ポートでvlanが切れるprosafeのモノにし、上記のシェルフにNASやらpogoplugやら…